プリンター購入前に提案!そのプリンター、カウンターリセットでまだまだ使えるかも?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍でインクジェットプリンタが品薄

「お〜、A3プリントできるプリンタ使ってるんすね。大事にしてくださいね!」

知り合いの電気屋さんの何気ない一言を聞くまで、コロナ禍でプリンターが品薄だということに、全く気がついてませんでした。

なんでもテレワーク需要で生産が追いつかないそうですね。

特にインクジェット複合機が人気のようです。

私はEP-976A3を使ってるのですが、もし壊れた場合、後継機種のEP-982A3が欲しくなると思います。

そこで、価格推移を見てみると、

コロナ禍前夜の2019年12月〜2020年1月頃に一度大きく価格が下がりますが、この2年はほとんど価格に変化がないように見えます。

新型コロナウィルスの感染拡大がなければ、26,000円ほどで購入できたのではないでしょうか。

また、6月12日現在、取扱店の販売状況はほとんど「問い合わせ」となっており、やはり品薄状態と見て間違いないでしょう。

スポンサーリンク

プリンター。無理して買うなら、延命がおすすめ!

私が使用中のEP-976A3ですが、2019年に買い替えを検討した時期がありました。

「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいている」と、警告メッセージが出るようになりプリントができなくなってしまったのです。

しかし、

比較的簡単な作業とカウンターリセット料金1,080円(2021年6月12日現在)で延命して使い続けることが可能なんです

EP-976A3を購入したのが2013年ですから、使い続けてもう8年目になりますね。

毎月、仕事でハガキを200枚印刷してますが、今も絶好調ですよ!

使い続けて8年目突入の我が家のプリンター♪

「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいている」と警告が出て、プリンターを買い替えたいけど、コロナ禍でプリンターが手に入りにくい。

もし、そのような方がおられましたら、今あるプリンターを復活させちゃうのがおすすめです!

カウンターリセットに興味あれば、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

『EP-976A3』廃インク吸収パッドの交換と警告リセットをやってみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました